住宅ローンの本審査にも通過する見込みがある

事前審査に通過すれば、住宅ローンの本審査にも通過する見込みがあるといいます。ですが、事前審査では問題はなかったけれど、実際の審査では断られてしまったという事例も幾つか存在しています。そういう人が本審査で断られた理由とは、一体どういうものでしょう。実は、事前の審査と、本番の審査は、審査を行う会社自体が異なっています。2つの審査の基準に少しの差があるので、本審査に通らないことが起きてしまうのです。重い病気を抱えていないかなども、住宅ローンの審査に必要な項目であるとするローン会社もあるようです。数十年単位で、住宅ローンの返済は行わなければなりません。健康を損なうとローンの支払いが滞るリスクが生じますので、持病がある人に対しては、融資を行わないという会社もあります。具体的な審査項目については、会社によって違います。どの金融会社に融資の申し込みをすれば通る見こみが高いか知りたい場合は、事前審査を実際にいくつか受けることです。ローンの事前審査に通った金融機関の中で、どこが一番手数料や金利などが安いかなどをチェックして最終的に本審査を申し込む金融機関を決めるようにします。金利差や、手数料の割合は、ちょっとの違いも無視できません。住宅ローンで借り入れる金額は大きいので、審査の段階から慎重に検討して、不要な出費を減らすことが重要になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ