サプリと薬の呑みあわせ

栄養剤を扱う時は呑み合わせについて感じる必要があります。腹ごしらえをあこがれに、栄養剤の人々が増加中です。栄養剤の薬の呑み合わせによって、トラブルが発生することがあります。栄養剤には薬との呑み合わせによって起こるシナジーというものがあるからだ。どんなものをどんなふうに飲んでも栄養剤であれば健康に生まれ変われるというわけではありません。ワーファリンのような血栓の防止薬と、青汁の呑み合わせはよくありません。血を凝固させるビタミンKが、青汁やクロレラには手広く含まれています。そのためワーファリンと併用すると、薬のインパクトが弱くなってしまいかねません。栄養剤で短縮効果がある根源を摂取している人間が、経口避妊薬を使っていると、避妊アクションが薄れる場合があります。セロトニン症候群という、抗うつ剤のインパクトが激しく表れすぎて仕舞う様子の背景に、特定の栄養剤との呑み合わせがあることがあります。このように栄養剤には薬との呑み合わせによってむしろ健全を害してしまう感じがあります。普段着薬を服用している人間は、栄養剤を摂取する前にかならず主治医にディスカッションしたほうが良いでしょう。サプリメントメーカーによっては、テレフォンサービスでディスカッションを受け付けていることもあります。薬と栄養剤との呑み合わせの最適ことを確認して、使うようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ