もしも太陽光発電を家に取り付けたい場合

もしも太陽光発電を家に取り付けたい場合、初期費用分の資金がなければ、ソーラーローンが役立ちます。ある程度のお金がなければ、太陽光発電設備はつけられません。太陽光発電の費用を確保するために、ソーラーローンを利用するわけです。家の中て使う電気は、太陽光発電でまかなうことができるだけでなく、余った電気を売れば、その収益がローンの返済分になります。返済を容易にする工夫も、ソーラーローンについてはあります。ソーラーローンは、銀行や信用金庫、信販系の金融会社の融資が利用できますが、販売店や、メーカーからも借り入れが可能です。金利は長期プライムレート+1.5%であることが多いようで、低金利でのローンが利用できます。担保を必要としないところも多く、借りやすい条件が整っています。ソーラーローンの条件は、太陽光発電にプラスして、オール電化にする工事も含まれていることが少なくないようです。風呂や台所など、オール電化の設備で暮らす人は、多くなっています。ただ太陽光発電にするだけでなく、IHクッキングや、エコキュートがある家の方が、コストパフォーマンスは優れています。メーカー側が提案する太陽光発電設備や、ソーラーローンをそのまま使うと、結果的に損をしてしまうことがあるといいます。太陽光発電のつけるためのソーラーローンを組む場合でも、どの会社から融資を受けるかは改めて情報を集まるといいでしょう。いずれの金融会社も、自社のローン商品を勧めてくるでしょうが、どのローンがいいかは個人の事情によって異なります。ですから、太陽光発電設置の為に、ローンを組むならば、自分たちの条件なども出し合って、一番よいものを選びましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ